塗料のご紹介|横浜・川崎での外壁塗装はリフレにお任せ

塗料のご紹介

外壁塗装の塗料について

ひとくちに「外壁塗装」と言っても、使われる塗料にはさまざまな種類があります。塗りたての見た目はプロの目から見てもほとんど違いがありませんが、2年、3年と使い続けていくうちに、耐用年数の差が見た目にも出てきます。

こちらのページでは、横浜市・川崎市で外壁塗装を承っているリフレが塗料の基礎知識や当社で使っている塗料についてご紹介します。 塗料の知識をつけておけば、打ち合わせをスムーズに進められますよ!

一般的に使われている4種類の塗料

外壁塗装では、「アクリル塗料」「ウレタン塗料」「シリコン塗料」「フッ素塗料」という4種類の塗料がおもに使われています。それぞれの性質は、下図の通りです。

種類 耐久年数 特徴
アクリル塗料 5~7年 4種類の中ではもっとも安価。ただし紫外線に弱く、耐久年数は短い。
ウレタン塗料 7~10年 アクリル系塗料に比べ、汚れに強く耐久性も高い。価格も比較的安めで、コストパフォーマンスが良い。
シリコン塗料 10~15年 紫外線・汚れに強く、長持ちする。ウレタン系塗料よりは高価だが性能は高い水準でまとまっており、コストパフォーマンスが特に優れている。
フッ素塗料 15~20年 非常に高い耐久性を誇るが、高価なため一般住宅ではあまり普及していない。
塗料の塗り替えサインとは

次のような状態が外壁にみられたら、塗料の塗り替えを検討しましょう。

  • 変色や色落ち、汚れがみられる
  • 塗料が粉化し、触ると手に色がつく
  • ヒビ割れている
  • 剥離している
  • カビやコケが生えている
リフレで取り扱っている塗料

横浜市・川崎市で外壁塗装を承っているリフレでは、コストパフォーマンスに優れたタイプであるウレタン系・シリコン系の塗料を採用しています。おもな取り扱いメーカーは以下の通りです。

  • 日進産業
  • 日本ペイント
  • 恒和化学工業
  • TOTOハイドロテクトコート
  • エスケー化研
  • 水谷ペイント

PICK UP

遮熱・断熱塗料「ガイナ」をおすすめしています

当社で特におすすめしているのが、テレビCMも放送されている遮熱・断熱塗料「ガイナ」。「日本のNASA」とも言われるJAXAからライセンスを取得し、宇宙ロケットに使われる最先端の断熱技術を応用して作られた塗料です。
大量に含まれたセラミックが、夏は外部の熱をシャットアウトし、冬は屋内の熱を外に逃がしません。
「ガイナ」のようなセラミックを配合した塗料は、新しい塗料のジャンルとして注目を近年集めており、耐久年数・価格はシリコンとフッ素の中間に位置します。

施工事例

料金プラン

お問い合わせ
リフレについて
  • リフレの特徴
  • 代表メッセージ
  • スタッフ紹介
  • 会社案内
  • 採用情報
外壁塗装について
  • 外壁塗装の基礎知識
  • 塗料のご紹介
  • 正しい見積書の見方
  • FAQ